不動明王のお告げ

不動明王のお告げ | 2023年9月23日、本日のお告げ…、人生の転機

不動明王のお告げ(天宮光啓ヨーガ)

不動明王のお告げ

一人ひとりに伝えられている大切なメッセージ

2020年2月25日(火)、シアトル高野山(Seattle Koyasan Shingon Buddist Temple)へ表敬訪問のために渡米。その時、国際線で乗り合わせた三列前の席に座っていた男性乗客が急死。帰国後、「不動明王のお告げ」を授かるように…

本日のお告げ

本日の不動明王のお告げ

「一心に祈り、唱え、念ぜよ最強の真言を、道を大きく切り開くために

(20230923AM5:35)

本日、昨日と同じように早朝、ヨーガの修行をおこなっている時に「不動明王のお告げ」、メッセージを授かりました。

頭頂のサハスラーラ・チャクラが何度もジーンと熱くなりました。

不動明王のお告げ(天宮光啓ヨーガ)※ 頭頂のサハスラーラ・チャクラに意識を集中させ、千手観音呪などを唱え全身のチャクラを覚醒させます。

一説によると頭頂のサハスラーラ・チャクラは、千手観音様と深く関係しているとか。

先日の「戒壇院千手堂」(東大寺)参拝の時にも頭頂がジンジンしっぱなしでした。

実は3年前、シアトルに向かう時も頭頂のサハスラーラ・チャクラが開くような不思議な感覚がありました。

その後、「西に向かえ」の不動明王のお告げ、メッセージを授かるようになりましたので、近いうちに何か物凄い出来事がまた起こる予感です。

アメリカ同時多発テロに遭遇し、その後、高野山で出家し第二の人生が始まりました。

そうした人生の転機に際し、自分の考えや思いを超えた目に見えない強大な力をこれまで何度も感じてきました。

その度に、サハスラーラ・チャクラが覚醒するような不思議な感覚が─

明日は、高野山大師教会光寿支部の護摩大祭(一願不動明王開運護摩供)です。

金剛合掌を結び、真言を唱え、心に先日の「戒壇院千手堂」(東大寺)で頂戴した千手観音様との深い仏縁を観じながら、護摩を厳修したいと思います。

真言(mantra)は「真実の言葉」、仏や菩薩、その教えや誓い、功徳などが秘められています。

千手観音真言:「オン バザラ ダラマ キリク」

※ 高野山大師教会光寿支部YouTube動画より

不動明王のお告げ、天宮光啓護摩祈祷※ 八大龍王 難陀龍王・跋難陀龍王・娑伽羅龍王・和修吉龍王 徳叉迦龍王・阿那婆達多龍王・摩那斯龍王・優鉢羅龍王

四苦八苦(しくはっく)

仏教の四苦八苦とは、人間が生きていく上で必ず経験する苦しみのことです。

四苦は、生苦(しょうく)、老苦(ろうく)、病苦(びょうく)、死苦(しく)の4つです。

八苦は、四苦に、愛別離苦(あいべつりく)、怨憎会苦(おんぞうえく)、求不得苦(ぐふとっく)、五蘊盛苦(ごうんじょうく)の4つを加えたものです。

四苦八苦は、私たちが直面する苦しみを象徴するものであり、誰もが経験します。

例えば、老いる、病気になる、死の恐怖から逃れられない苦しみ。

大切な人との別れの苦しみ(愛別離苦)、この肉体があるがゆえに欲望や執着を生み出す苦しみ(五蘊盛苦)です。

このように、四苦八苦は私たちが生きていく上で、様々な形で現れます。

この世に生きるものなら、誰もが背負う苦しみです。

人の悩みは星の数ほど、私のこれまでの経験上、以下の4つに大別できるように感じます。

それは、対人関係お金健康将来に関する悩みです。

悩み相談の内容

1.対人関係

職場・学校、近隣トラブル、恋愛、お見合い・婚活、結婚相談所や出会い系に関するもの全般。

2.お金

「金融」(住宅ローンやカードローン・キャッシングやクレジットカード)、「保険」(生命保険、がん保険)、「投資」(株式投資・FX・不動産)などに関係するもの全般。

3.健康

病気(がん、内臓疾患、難病など)、怪我や事故の後遺症、トラウマや不眠、不定愁訴、また、薬やサプリメントや健康食品などに関係するもの全般です。

また、健康の延長として「美容」(美容整形・薄毛・化粧品、エステ・痩身やダイエット)に関係するもの全般。

4.将来

「仕事」(転職・就職・求人)、「教育」(進学校・英会話・留学・予備校・資格試験)、「法律」(法律相談・離婚相談)に関係するもの全般

これらはほんの一例です。

私たちが生きることは、苦しみが常に隣り合わせである、といっても過言ではないのかも知れませんね。

真言の効果を高める方法(金剛合掌)

般若心経秘鍵/念持真言

真言は不思議なり 観想読誦すれば無明を除く 一字に千里を含み即身に法如を證す

真言の力は不思議である。ひたすら真言を唱えているだけで苦悩が取り除かれる。

なぜならば、真言一字の中には無数の意味が含まれ、この身に応じて真理が示されるからである。

【真言】. 近藤 堯寛.『空海名言辞典』付・現代語訳. 高野山出版社,2002,p.92.

真言には、大変不思議な力があります。

私も真言の偉大な力によって、これまで困難や苦難を乗り越え、数々の難を逃れてきました。

そして、神仏の天啓、お告げやお導きを授かりました。

こうした真言の効果を高めるためには、やはり真言を毎日継続的に唱えることが重要なポイントです。

短い時間でも構いませんが、毎日コツコツと唱えることで、真言の効果をより強く実感します。

「継続は力なり」と申しますが、真言も同様です。

さらに、真言を唱える時に、金剛合掌を結びおこなってみてください。

右手仏界を、左手衆生界を表わします。

二つの世界は、本来一つの世界です。

そして、仏と私たちがいつも一緒であることの証(あかし)が金剛合掌なのです。

ですから、真言を唱える際には感謝の気持ちを忘れずに持つことが大切です。

真言は私たちに多くの恩恵をもたらしますが、その恩恵に感謝することで、より強力な効果を期待できます。

そして、平素から「身口意」の三業を清浄にし、三毒(貪瞋痴)や、三障四魔を近づけないようにすることもお忘れなく。

最強の真言
【入門編】最強の真言の唱え方/真言マスターへの道 真言は、仏教や密教において、神仏の真理をあらわす言葉です。真言を唱えることで、様々な効果が期待できます。本記事では、最強の真言の唱え方について解説します。真言の効果を最大限に引き出すための、正しい唱え方を身につけましょう。...

空海散歩

先日は、本日の不動明王のお告げとして、「一切の衆生の身中にみな仏性あり如来蔵を具せり(20230909PM4:05) (十住心第八)について書きました。

これは、お大師様の著書『秘密曼荼羅十住心論』(ひみつまんだらじゅうじゅうしんろん)に出てくる御言葉です。

人間の心の発達段階を十の段階に分けて説いています。

『秘密曼荼羅十住心論』(全10巻)

人間精神の発展段階を10に分けて、それぞれの段階を開設した空海の思想の集大成とされる書。

【空海の著作】. 中村 本然.『空海と高野山』真言密教がわかる!. 青春出版社,2012,p.117.

私たちが本来備えている仏性が顕在化していく精神段階を示しています。

以前、出筆にたずさわった『空海散歩』の中で、この十住心論に触れて書きました。

そこで、タイトル『仏性という幸せの種』という法話をこのBLOG用に書きました。

ご一読いただければ幸いです。

『空海散歩』天宮光啓空海の名言に解説と法話を付す名言法話全集

仏性という幸せの種

人生には、いろいろな出来事が起こります。

けっして良いことばかりではありません。

何をやってもうまくいかず、イライラしたり、むしゃくしゃしたり、悩んだり、迷ったり、苦しんだりします。

寒風が吹きすさぶ、極寒の中、厚い氷に覆われた凍てつく大地を目の当たりにしたら、私たちは何を感じるでしょうか。

こんな場所に人は住めない、ましてや、草木など生えてこないだろう、と思い込んでしまうのではないでしょうか。

しかし、本当にそうでしょうか。

季節が巡り、やがて春が訪れると、

太陽の光を浴びて、地中から新しい生命が息吹き、躍動し始めます。

これは、太古の昔から連綿と受け継がれてきた大自然の真理、宇宙の法理、つまり「いのち」です。

私たちの中には、このいのちという「仏性」が「幸せの種」が一人ひとりに宿っています。

ですから、三毒(貪瞋痴)によって、自らその「幸せの種」を不浄にし、台無しにしてはいけません。

自暴自棄になり、途中であきらめたり、投げ出したりせず、

心身を清浄に保ち、自他ともの幸せを念じ、心から感謝の気持ちや「ありがとう」の言葉を周りの人たちに伝えていきたいですね。

いつの日か、仏様の光に照らされた私たちの中に宿る「幸せの種」が力強く、大きく、さらに大きく成長し、やがて大輪の花を咲かせます。

合掌 天宮光啓

三毒とは

三毒とは、3つの煩悩(貪瞋痴=三毒)をいいます。

私たちの心を惑わせ、迷わせ、執着させる欲望憎しみ無知のことです。

あらゆる不幸の原因です。

内観

内観とは、自分の意識やその状態に向き合い、観察することです。

自分の内面を見つめることによって、自己理解が深まり、心理的な変化に気づき心の成長を促します。

内観の目的は、自己の心や思考、感情、感覚、身体的な感触などを客観的に観察することによって、自己の本質や心の変化やパターン、信念や信条、言動について深い洞察を得ることです。

また、対人トラブルを未然に防いだり、回避したり、解決する方法となります。

内観は自己意識を高め、自己の思考や感情に気づき、それらを客観的に受け入れることを通じて、心の安定やバランスを取る手段です。

…≫ 詳細ページ

【参考】『天宮光啓 瞑想会』(外部リンク)

現在、対人トラブルや人間関係で悩まれている方は、三毒(貪瞋痴)無毒化するために、日常の生活習慣や、心の持ち方気持ちの切り替え方(方法)などを見つめ直してみてはいかがでしょうか。

そして、三毒から身を離す「心身の浄化」実践をおこなうことをご提案します。

例えば、座禅や瞑想、礼拝、読経や真言を唱える、法話を聞く、お寺や神社に参拝する、四国遍路や各霊場を訪れるなどです。

また、瞑想(阿字観・月輪観)内観護摩を行じるなど専門的なものもございます。

特に、内観は自分の言動について省(かえり)みる(良し悪しを考える)点が重要です。

天宮光啓「内観」
内観で人生が変わる/対人関係の改善、問題解決、生きる力、生かす力内観とは、自分の過去の行動や経験を振り返り、自分の内面を客観的に見つめ直すことによって、自己理解を深める方法です。自己理解の深化や対人関係の改善、心身の健康増進、生きる喜びの回復などそうした内観の目的や効果、やり方について解説します。...

もし悪いことをしたと気づいたら、素直にあやまり、謝罪することが大切です。

さらに、日頃の感謝の気持ちを誰かに伝える、お礼の手紙を書くなど素直な気持ちで「ありがとう」を伝えてみることなども「心身の浄化」につながります。

そして、心が静かになったら、お仏壇に向かい金剛合掌を結び、心静かな時間をお過ごしください。

そうすれば、何を悩み、何に苦しみ、何が自分を不幸にしているのか、その原因が見えてくるはずです。

きっと、解決の糸口が見つかりますので、ご自分を大切にし、根気強く最後まであきらめずに頑張ってください。

応援しております。

三毒とは、心の安らぎや真の幸福を妨げる元凶、「貪(とん)・瞋(しん)・痴(ち)」の3種の煩悩(ぼんのう)をいいます。

貪欲(とんよく):欲望にまかせて執着し、むさぼること

瞋恚(しんい):思い通りにならないことに対し怒ること

愚痴(ぐち):物事の道理に暗く、妄念によって迷い苦しむこと

これらの感情や心の状態は、私たちの正しい判断をゆがめ、負の行動や感情を引き起こす原因です。

人々の心を乱し、苦しみや不安を引き起こします。

人の善心を害するので「三不善根」ともいいます。

欲望執着や不満を生み出し、憎しみは他者への怒りや敵意になります。無知は真実を見失わせます。

例えば、欲望に固執しすぎると不満や焦燥感を感じやすくなります。

欲望が肥大化すると、物質的なものだけでは満足できなくなり、人間関係で相手を精神的に支配したり、思い通りにコントロールしようとする強い感情が芽生えます。

また、憎しみは他者への敵意や怒りとして、暴力的な言動を生じさせ、時に凶悪な犯罪に走らせ、感情のコントロールができなくなります。

そして、この感情が支配すると、心には常に嫉妬や憎悪、苦しみや緊張感が渦巻き、人間関係を損ない、心を暗くします。

以前、ある受刑者の方と対談する機会がありました。

その時、「刑務所は、まさしくこの世の地獄です」という言葉がすべてを語っているように感じました。

話は戻しますが、無知は真実を見失い、誤った判断や行動を導く原因です。無知によって私たちは自分や他者を理解することが難しくなり、誤解が生じる可能性があります。

これら三つの毒から解放されることで、心は平和で善意に満ちた状態におのずと近づきます。

三毒(さんどく)

衆生の善心を害するもっとも根本的な3種の煩悩を毒にたとえたもの。

教学用語としては(三不全根)と呼ばれ、また垢(けがれ)にたとえて三垢(さんく)ともいう。

「三毒」. 中村元.『仏教辞典苑』第 二 版. 岩波書店,2002,p.396.

内観

■ 内観

内観とは、自分の意識やその状態に向き合い、観察することです。

自分の内面を見つめることによって、自己理解が深まり、心理的な変化に気づき心の成長を促します。

内観の目的は、自己の心や思考、感情、感覚、身体的な感触などを客観的に観察することによって、自己の本質や心の変化やパターン、信念や信条、言動について深い洞察を得ることです。

内観は自己意識を高め、自己の思考や感情に気づき、それらを客観的に受け入れることを通じて、心の安定やバランスを取る手段となり得ます。

…≫ 詳細ページ

【参考】『高野山大師教会光寿支部』(外部リンク)

内観によって、自分の中に探していた答えがきっと見つかります!

内観しながら、信の炎(信じる力)を燃え上がらせ、不動明王真言「慈救呪」を唱え、自分を鼓舞してみてください。

すると、自己の心の中に巣くうネガティブな考え方や、負の感情が不動明王の力強い炎によって焼尽され、元気、やる気、勇気がみなぎってきます。

どんな境遇にあっても、幸福に生きる道が必ずある、この大切なことを見失わず、見つけ出す方法、それが内観です。

天宮光啓「内観」
内観で人生が変わる/対人関係の改善、問題解決、生きる力、生かす力内観とは、自分の過去の行動や経験を振り返り、自分の内面を客観的に見つめ直すことによって、自己理解を深める方法です。自己理解の深化や対人関係の改善、心身の健康増進、生きる喜びの回復などそうした内観の目的や効果、やり方について解説します。...

不動明王真言「慈救呪」

ノウマクサンマンダ バザラ ダン センダマカロシャダ ソワタヤ 

ウンタラタ カンマン

因果応報・カルマ・三毒・三障四魔
不動明王のお告げ | 2023年8月25日、本日のお告げ…、因果応報2020年2月25日(火)、シアトル高野山(Seattle Koyasan Shingon Buddist Temple)へ表敬訪問のために渡米。その時、国際線で乗り合わせた三列前の席に座っていた男性乗客が急死。帰国後、「不動明王のお告げ」を授かるように…、謎に迫ります。...

当サイトでもアクセスの多い重要なキーワード(三毒・十善戒など)は、特にリライト記事として加筆・修正して公開しています。(2023/09/23) …≫ 詳細ページ

【参考】『高野山大師教会光寿支部』(外部リンク)

ABOUT ME
@kokei_amamiya
これまでチベットやインド、ネパールなど世界中の仏教・密教聖地を巡礼する旅をしてきました。そうして得た貴重な体験や経験をいかした様々な活動をおこなっています。希望の明るい未来を目指して共に前進!