ヨーガ・呼吸法・瞑想法

不動明王の奇跡を起こすアーサナ | 金剛合掌を結び、最強の真言を唱え、不動明王の火炎を観想し、強靭な精神力を宿す

不動明王の火炎のアーサナ

早朝のヨーガは、心と体を統一し、また、自己と諸神仏との合一のために、瑜伽(ゆが)を目的におこないます。

※ 「瑜伽」とは、結びつける、あるいは統一するという意味です。ヨガやヨーガの原義とされる言葉です。

不動明王の奇跡を起こすアーサナ 

 金剛合掌を結び、不動明王の火炎をまとい強烈な火柱と観想せよ

※ お不動様の火炎の剣をアーサナ(ポーズ)で表現します。

※ ゴームカ・アーサナ(牛の顔のポーズ)のバリエーションです。

両足を交差し、両手で金剛合掌を結び、第一チャクラ(ムーラーダーラ・チャクラ)に意識を集中させ、自身を不動明王(俱利伽羅剣の火柱)と観想します。

私たち一人ひとりは、「無限の可能性」を秘めています。

人生、悲喜こもごも、いろいろな出来事が、さまざまな困難や苦難が襲ってくることもあります。

しかし、だからといって自暴自棄とならずに、自分を大切にし、自他共の幸せを心から願うことのできる本来の自分と出会う。

これこそが仏に成る道仏道修行真実の幸せに気づき、深く学びを修め、自心を知る道(生き方)ではないでしょうか。

それでは、今週末の「生き方塾」で共に「いのち」をお不動様のように燃え上がらせましょう!

※ 個人的な感想ですが、不動明王真言を唱えていると、基底(会陰)の第1番目のチャクラ(ムーラーダーラ)がとても熱くなります。

もしかすると深く関係し、秘密が隠されているのかも…

※ 頭頂(百会)の第7番目のサハスラーラチャクラに意識を集中し、千手観音呪を唱えると、

※ 眉間の第6番目のアージュニャーチャクラに意識を集中し、孔雀明王呪を唱えると、視界が広がり…、第三の眼の存在に気づくように…

※ ヨーガの「孔雀のポーズ」をおこないながら孔雀明王呪を唱えます。

私の場合、頭頂のサハスラーラチャクラに意識を集中させ真言を唱えることで、お不動様や千手観音様からのお導き(メッセージや、お告げ)、自分軸や、進むべき正しい道、あるいは正しい方向などを授かれるように実感しています。

さらに、両手で持花印を結ぶことで、心身が浄化され、チャクラやプラーナ、クンダリニーを鮮明に感じることができるようになります。

これは、私たちの内に仏様のような、お大師様のような偉大な力(無限の可能性)が眠っている証(あかし)だと確信しています。

だからこそ、私の悩み相談や護摩祈祷のご依頼、私を必要としてくださる皆さんにお伝えしたいです。

それぞれの内なる「いのち」を共に輝かそう!

私たちが生きた証を、私たちが生き抜いた証を、軌跡を、軌跡として共に歴史の一ページに刻もう!

生かせいのち

南無大師遍照金剛

合掌 天宮光啓

——————————————————–

【参考】『BLOG KOKEI AMAMIYA』(外部リンク)

【参考】『高野山大師教会光寿支部』(外部リンク)

【参考】『天宮光啓 護摩祈祷』(外部リンク)

ABOUT ME
@kokei_amamiya
これまでチベットやインド、ネパールなど世界中の仏教・密教聖地を巡礼する旅をしてきました。そうして得た貴重な体験や経験をいかした様々な活動をおこなっています。希望の明るい未来を目指して共に前進!