光明真言百万遍(真言は不思議なり)

 

古より、神仏が太陽の光、一陣の風、本堂にただようお線香のかおり、梵鐘の音(ね)、雨上がりの後の虹など、「光・風・香・音・色」など、その時々にいろいろな姿や形に変化(へんげ)して、私たちの目の前に必ず現われるとされています。

 

そうしたサイン(sine)やシンボル(symbol)、マーク(mark)やシグナル(signal)などを見逃さないようにするためにも、いつも心を清らかに(三毒から遠く身を離す)保っていたいものです。

 

「真言は不思議なり」真言にはとても神秘的な力が秘められています。

 

日々少しずつコツコツとお唱えすれば、やがて必ず誰もがその素晴らしい功徳を得ることができるようになります。

 

高野山大師教会光寿支部


 

神仏は「光・風・香・色・音」など、その時々にいろいろな姿や形に変化(へんげ)して、

 

高野山大師教会光寿支部

 

私たちの前に必ず現れています。

 

高野山大師教会光寿支部

 

※ 心がざわざわしたり、不安を感じたりしている方もぜひ光明真言を。

 

お唱えしなくても、その梵字を見たり、真言を聞いたりするだけでもその無量無辺の功徳を誰もが授かることができます。

 

高野山大師教会光寿支部

 

 

光明真言

 

オン アボキャ ベイロシャノウ マカボダラマニ ハンドマ ジンバラ ハラバリタヤ ウン

 

おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだらまに はんどま じんばら はらばりたや うん

 

 

祈りの力は、やがて、大光明(夢や希望を叶える大いなる力)になります!!

 

大光明(希望の光)によって、世界中にまた笑顔が戻りますように!!

 

生かせいのち

 

南無大師遍照金剛

 

合掌

 

トップへ戻る