真言(マントラ)

真言とは、サンスクリット語のマントラ(मन्त्रः mantraḥ)を漢訳したものです。真実の言葉、聖なる句などの意味も含んでいます。バラモン教やヒンドゥー教の聖典「ヴェーダ」(वेदः vedaḥ)にその起源をみることができます。

 

古代インドでは、祭司バラモンが神々に捧げる賛歌としてマントラを用いてきました。仏教や密教(秘密仏教)にも取り入れられるようになって、やがてチベットやネパール、中国・日本などに伝えられるようになりました。

 

特に、平安時代の初期に弘法大師によって唐から直接「密教」が持ち替えられました。その中には経典や仏画・仏具、曼荼羅などもと一緒に「マントラ」(梵字真言)などもたくさん請来されいます。

天宮光啓

 

弘法大師は自身の宗派を「真言宗」と名付けるにあたり不空三蔵の『分別聖位経』(ふんべつしょういきょう)にヒントを得たとされています。しかし、「マントラ」こそがこの世の「真実」を知る秘密の鍵(神仏との唯一の交信手段)であり、衆生救済の最勝の「法」(ダルマ धर्म, dhárma)であると確信したので「真言宗」と名づけたのかもしれません。

 

密教(秘密仏教)とは、ひとことでいえば深遠なる仏の教えのことです。密教の「密」という文字は、秘密の「密」です。サンスクリット語で「グフヤ」(guhya)といいます。真言をお唱えすることによって、とても深い神秘的な体験をすることがあります。そのことを我われが日常で使う言葉では表現し難く、またその体験の深さを強調して「深秘の教え」、つまり、密教と呼ぶようになりました。

 

なお、真言(マントラ)は、悉曇文字として高野山や全国各地のお寺などで見かける機会も少なくありません。そういう意味では、私たちの生活の身近にいつもいろいろなところに、「仏」(真理)は存在しているといえるのではないでしょうか。

 

何事もあれこれと結果を考え過ぎて実現できなくなってしまう前に、「真言」(マントラ)は仏さまとの約束、そう信じて一心にお唱えしてみる、このことが何よりも大切かと。

 

ある日、ふと仏様からのあなたへ、ふとメッセージが聞こえ始めてくる時が…。

 

「真言は不思議なり、観誦(かんじゅ)すれば無明(むみょう)を除く。

 

一字に 千理を含み、即身に法如を証す」

 

-『般若心経秘鍵』-

 

合掌

 

 光明真言

光明真言(こうみょうしんごん)は、「不空羂索神変真言経廿八灌頂真言成就品(流支訳)」や「不空羂索毘盧遮那大灌頂光真言(不空訳)」に説かれています。

 

真言(マントラ)

大日如来が清浄蓮華明王のために説いた真言です。また一切諸仏の総呪ともされています。この真言を一心に念じ読誦すれば無量無辺の功徳があり、わずか三、七遍をきくものは一切の罪障を除滅することができるとされています。

 

光明真言をお唱えすることによって得られる「現世利益」(げんせりやく)は、①過去の一切の罪障を除滅する。また、②地獄・餓鬼・畜生界に生まれ変わった死者も西方極楽国土へ往くことができる。さらに、③宿世での罪や咎などの業の報いによって現世で苦しむ人々の宿業や病障を除滅する。

 

 

(光明真言)

 

となえたてまつる光明真言は 大日不門の万徳を二十三字(にじゅうさんじ)に摂(あつ)めたり

 

おのれを空(むな)しゅうして一心(いっしんに)にとなえ奉(たてまつ)れば

 

みほとけの光明(こうみょう)に照らされて三妄(まよい)の霧(きり)おのずかはれ浄心の玉明らかにして

 

真如(しんにょ)の月まどかならん

 

オン アボキャ ベイロシャノウ マカボダラ マニ ハンドマ ジンバラ ハラバリタヤ ウン ジンバラ ハラバリタヤ ウン

 

 

オン アボキャ ベイロシャノウ

唵 阿謨伽 尾盧左曩

om amogha vairocana

オーム (聖音) 不空なる毘盧遮那仏(大日如来)

※ 唵(オーン)=(帰依し奉りますという意味)

※不空=(大慈悲により一切の衆生を済度するという意味)

マカボダラ マニ ハンドマ

摩訶母捺囉 麽抳 鉢納麽

maha-mudra mani padme

偉大なる印をあらわし、宝珠(智恵)、蓮華(慈悲)

ジンバラ ハラバリタヤ ウン

入嚩攞 鉢囉韈哆野 吽

jvala pravartaya hum

その偉大なる功徳(光明)を、我等に与えたまえ、成就

(聖音)※ 成就=(叶えたまえ)

 

 

(意訳)

 

誠心誠意、帰依し奉ります。この大宇宙の空間に満ち溢れている時間をも超越した無限に広がる光り輝く偉大なるもの。それは、まさに暗黒の世に放たれた偉大なる「光」、すなわち、大日如来の崇高なる宝珠(智慧)と蓮華(慈悲)の光明のことです。その崇高なる光明(「智慧と慈悲」)を我らに与えてくださいませ。生きとしいけるものすべてに仏の大いなる加護があらんことを。

 

 

もちろん、光明真言も他の真言と同じですぐにその意味が分からなく、とても難しく感じることも少なくありません。しかし、太古から人類はこの真言の摩訶不思議な力のおかげで、争いごとや病気・怪我・事故などの災厄から遠く身を離し、高度な文明や文化を発展させてくることができました。

 

そもそも真言とは、それ自体が「誓い・誓願」の言葉とされています。いわば神仏との約束です。いろいろな経典には「誓願」(神仏に誓いを立てること)の大切さが説かれているものもたくさんございます。つまり、真言とはまさに神仏との「約束」を最後まで守ろうと努力する姿勢に、やがて不思議な力が宿り、あらゆるお願いごとが成就する方向へと運勢や運命が大きく動き始めるものと考えられます。

 

まさに、「真実の言葉」、夢や希望、願いごとが成就する真実の言葉こそが「真言」(マントラ)だと強く感じます。

 

 

疑う心はさらなる猜疑心を芽生えさせ、信じる心がさらなる奇跡を。

 

 

合掌

 

真言(マントラ)記事一覧