夢日記

皆さんは、「夢日記」なるものをご存じでしょうか。

 

これは、朝の起床時に夢の内容をノートなどに書きとめることです。それも、忘れないうちにできるだけすぐに。

 

幼少の頃からよく夢をみます。楽しい夢もあれば、悲しいもの、また、恐ろしいものまでいろいろです。

 

そして、時に予知夢のような不思議な夢を経験したこともあります。

 

私が僧侶となるきっかけのひとつに911(アメリカ同時多発テロ事件)があります。

 

渡米前に、大きな鷲(わし)が太陽の光を遮るように大空を覆い尽くすようにく飛んでいる夢をみました。

 

もちろん、それがあの大事件を予知していたとはいいませんが、とても不思議な夢でした。

 

話は戻りますが、この「夢日記」は少し危険な注意点もあるそうです。

 

たとえば、夢を長く日記に書き続けていると夢と現実の世界が入り乱れて、その境界や、違いが分からなくなるといったものです。また、夢の中の出来事が現実に起こる(正夢)といったこともあるそうです。

 

ですから、他の方々にはけっしておすすめいたしません。あくまでも、私個人の瞑想修行のひとつとして役立てたいと思っています。

 

夢分析で知られているジークムント・フロイト(精神科医)や、カール・グスタフ・ユング(心理学者)の著書には大変興味深いことがいろいろと書かれております。

 

ご興味のある方は、こうした著書を一度手にしていただくのもいいのかもしれません。

 

いずれにせよ、個人的には瞑想との類似点や共通点などもたくさんあるように感じております。

 

昔、チベットでいろいろな瞑想の修行をしてきた時にも不思議な夢はたくさんみました。それに、幽体離脱や、ドッペルゲンガーやデジャブなどの不思議な体験もいろいろとしてきました。

 

夢を分析し、研究することは私たちの内なる精神世界、あるいは、神仏の神秘なる世界へと繋がるためにも、とても重要なことなのかもです。

 

さらには、瞑想を究めるためにも・・・

 

なお、今後ブログで「夢日記」をテーマにした記事の投稿もしていきます。

 

ご興味のある方は、天宮光啓ブログもご覧いただければ幸いです。

 

合掌

 

 夢をコントロール?!

もしかしたら、夢をコントロールできて、潜在意識を自由自在に書き換え、大成功をおさめることが可能に?!

 

潜在意識や潜在能力を自由に操れると、明るい希望の未来が、将来の夢が実現化しはじめ、お金、権力、地位、名誉、名声など欲しいものすべてを手にすることが!!

 

ちまたの自己啓発のセミナーや、そうした啓発本にはこうした魅力的な言葉がたくさん並んでいるのを目にします。

 

たまに、当方の瞑想会にもそうしたことを主たる目的に参加される方もおられます。

 

もちろん、正しい目的で、正しい方法をもちいれば、自分自身が望む願望を達成することは可能です。

 

財界、政界、スポーツ界、芸能界などなど世界中には各分野で大成功をおさめている方々も多くいます。そうした人たちの中には、無意識にご自身の潜在意識や潜在能力に強く働きかけ、夢を実現化させたり、今のこの瞬間にもまた次なる夢(目標)を叶えようとしている人々も少なくありません。

 

今後は、「心願成就」、夢が叶う瞑想法、こうした点にも着目し、瞑想という私たちの内に広がる神秘なる精神世界を深めていきます。

 

ブログ記事としても投稿していきますので、ぜひご興味のある方は、天宮光啓ブログをぜひ。

 

合掌