十善戒

十善戒とは、十種類の善行を総称した戒めです。十善業(じゆうぜんごう)、十善道(じゆうぜんどう)ともいいます。十悪の否定形であらわされます。

 

特に、仏教では人間の行為のすべてを身(行為)、口(言葉)、意(心)の3種に分けて、私たちの「身・口・意」(三密)でもろもろの悪(十悪)をなさないことの大切さが説かれています。

 

■ 身体において

不殺生(ふせっしょう) むやみに命あるものを傷つけず殺さず
不偸盗(ふちゅうとう) 盗むことなかれ、与えられていないものを自分のものにせず
不邪淫(じやいん) 淫らな男女の交わりをおこなわない

 

■ 言葉において

不妄語(ふもうご) うそをつかない、根拠もなく無責任なことをいわない
不綺語(ふきご) 飾り立てた不誠実な言葉を発しない
不悪口(ふあっく) 乱暴な言葉を使わない
不両舌(ふりょうぜつ) 他人同士を仲違いさせるようなことをいわない

 

■ 意において

不慳貪(ふけんどん) 欲深いことなかれ、むさぼることなかれ
不瞋恚(ふしんい) 耐え忍んで怒らない、憎しみや妬み嫉妬心から怒ることなかれ
不邪見(ぶじやけん) 誤った見方や、間違った考え方をすることなかれ

 

このように、人間の行為のすべてを身行為)、口(言葉)、意(こころ)の3種に分けて、身体(3つ)、口・言葉(4つ)、意(3つ)、それぞれで十悪をなさないことをいいます。

 

十善戒を毎日守りながらお唱えすることで、少しずつ功徳を積むことができます。この命が、この身体(肉体)があるうちに、コツコツと善行を積んでおきたいものです。死を迎えた瞬間、恐怖と絶望に苦しみながら、けっして後悔の念にさいなまれないためにも。

 

今、この瞬間をしっかりと力強く堂々と生きることこそ、まさに過去世・現世・来世の三世を大切にすることに等しいのかもしれません。

 

合掌

 

 ご唱和

十善戒

 

弟子某甲 (でしむこう)、盡未来際 (じんみらいさい)

 

不殺生 (ふせっしょう)・不偸盗 (ふちゅうとう)・不邪淫 (ふじゃいん)

 

不妄語 (ふもうご)・不綺語 (ふきご)・不悪口 (ふあっく)・不両舌 (ふりょうぜつ)

 

不慳貪 (ふけんどん)・不瞋恚 (ふしんに〉・不邪見 (ふじゃけん)

 

一緒にお唱えしてみませんか。いつでも、どんな時でも、どこでも、時間や場所を気にせずに心の中でお唱えしてみませんか。

 

いつか必ず、すべてのものに等しく死はおとずれます。死に臨んで、恐怖と絶望に苦しみもがき、後悔しながら最期を迎える…、それこそ、地獄のような筆舌に尽くしがたい苦しみだと感じます

 

以前、チベットで転生に関するある特別の瞑想や修行をしてきたことがあります。その時に、私たちが臨終を迎える瞬間に、自己の内なるもの(生前のおこない)が溢れ出ることをさとりました。

 

もちろん、いいこものも、その逆も…

 

私たち、一人、一人は御仏の子として、仏陀の弟子として、この世にそれぞれの命を授かりました。

 

そのことに気づき、今日からでも決して遅くはありません。今のご自身のを改めることはとても意味のあることです。本当の勇気とは何でしょうか。自分に素直になることは恥ずかしいことではなりません。自身の過ちを素直に認め、反省し、懺悔し、悔い改めることができる人こそ、真の勇気あるもの、つまり、ボーディ・サットヴァ(菩薩)だと感じます。

 

いつかこの命が尽き、いつかこの世界が終焉をむかえ、すべてが尽き果てる時がこようとも、未来永劫に、なにひとつ変わることなく、心を豊かにし、本当の幸せになるための十の善なる戒め

 

私たちは、この大切な十の約束事を守り、永遠の「いのち」を相続していくをここに誓いたいものです。

 

自分だけではなく、他の人々と共に、これからもずっと、ずっと。

 

合掌