仏教

仏教とは誰もが幸せになれる教え

 一人ひとりが幸せの種を内に秘めている

仏教とは今から約2500年前に、釈尊によって開かれた教えです。

※ 釈尊(釈迦牟尼世尊の略)

三十五歳で悟りを開き、八十歳でその生涯を閉じました。

仏教は釈尊の「大いなる悟り」(大悟成道)に基づいています。

すべてのものに仏となる種子(仏性)が具わっていて、それを開花させれば、みんなが仏になれる(成仏)と説いています。

言い換えれば、仏教とは「誰もが幸せになれる生き方、その具体的な方法や実践法などが説かれた教えといえます。

つまり、私たちに一人ひとりが「幸せの種」を持っていて、その種に太陽の光(仏様の智慧)や、天水(仏様の慈悲)を与えることによって真っすぐに成長し、やがてそれぞれの大輪の花が咲き誇ります。

今週末の「やさしい仏教講座」ぜひ楽しみにご参加ください。

天宮光啓「生き方塾」

ZOOMで手軽に受講できるオンラインの瞑想講座です。

小人数制、丁寧に分かりやすくご説明いたします。

はじめての方でも大丈夫です。

みなさんとお会いできますことを楽しみにしております。

生かせいのち

合掌  代表 天宮光啓 /  天宮光啓「生き方塾」事務局

ABOUT ME
@kokei_amamiya
天宮光啓です。これまでのいろいろな経験を通して得た“気づき”や、開運のコツやヒントなどを希望の明るい未来を引き寄せる法則として、生き方が変わる、楽になる、楽しくなるをテーマにいろいろと書き綴っております。お役に立てれば幸いです。合掌
スポンサーリンク