インスタグラム

 

法話とは、一般的に僧侶が仏法の教義や、信仰の在り方、仏の功徳などを私たちの日常の生活に照らし合わせてお話をすることをいいます。

 

私の場合は、仏の教えをもとに、これまでの自分の人生経験を通して学び気づいてきた「教え」をお伝えしております。

 

そのひとつの手段としてSNS(ソーシャルネットワークサービス)、特に、インスタグラムアメーバーブログなどを通して広く皆さん方へとお届けしております。

 

また、瞑想会の後の法話会でもご参加の方々と共にいろいろなお話をおこなっております。

 

こちらでは、インスタグラム(高野山真言宗修行僧 天宮光啓)にポストした投稿を中心に掲載しております。

 

合掌

 

インスタグラム記事一覧

昨日、夕方近くに一本の電話があった。夕勤の最中だったので、普段なら出られないことも少なくない。慌てて電話に出た。耳に真っ先に飛び込んできた、「おかげさまで無事に合格しました」。思い起こせば、去年の秋頃、入学試験の合格祈願のご依頼を受けた。約二カ月間、自坊の本堂で精一杯に、一生懸命に誠心誠意お祈りした。ここ数日は、夜中に何度も目が覚め、お不動様や文殊菩薩様、お大師様の真言を心の中で何度も繰り返しお唱...

文殊菩薩は智慧をつかさどる仏さまである。普賢菩薩と共にお釈迦様の脇侍仏としてまつられることが多い。その昔、維摩居士(ゆいまこじ)という物凄く弁の立つお釈迦様の弟子がおられた。あまりにも厳しい問答を繰り返す論客であったゆえ、周りからは少し疎ましく思われていた。そんなある日、維摩居士が病床に伏したと聞いたお釈迦さまが自分のかわりに誰かを使いにやらせようとしたが、誰も進んでお釈迦様に申し出るものはいなか...

『チベット死者の書』 2019年1月25日(Fri) Instagram ポスト子供の頃から、「死」というものがいつもどこか心の片隅にずっとある。極度に死を恐れることを「死恐怖症」(タナトフォビア)という。昔、チベットではいろいろな瞑想の修行もしてきた。特に、五蘊がしだいに次々と「溶け込む」という瞑想法がとても興味深く、今でも日々の瞑想修行にとり入れている。 『般若心経』の経文には、「照見五蘊皆...

新しくものごとを始める時、難局に当たって行き詰まった時、祈念すると「おかげ」をいただける。数年前、四国八十八カ所霊場開創1200年の時に歩き遍路の通し打ちに出かけた。連日の猛暑、強雨や豪雨、台風にも遭遇した。ちょうど折り返しのこのお不動様のおられる岩屋寺あたりが…一番辛く長く、何よりも心細く感じた。そんな時に、このお不動様のお姿が目に飛び込んできた。艱難辛苦、人生には悲しみ、苦しみ、嫌なこと、予期...

六大無礙常瑜伽四種曼荼各不離三密加持速疾顕重重帝網名即身梵我一如 、大空と大地 、宇宙と私、呼吸を合わせ、心を通わせ、今こそ、すべてが…ひとつに。合掌#瑜伽#ヨーガ#ヨガ#yoga#孔雀#マユーラアーサナ#アーサナ#アームバランス#ワークアウト#三昧#瞑想#呼吸#四国#曼荼羅#いのち#命#生命#宇宙#我#繋がり#喜怒哀楽#修行僧#密教修行僧#六大無礙にして常に瑜伽なり#四種曼荼は各々離れず#三密加...

若かりし頃は、座禅や瞑想に明け暮れた。何かを求め、道を求め、生き方を求め、あの頃は何かに救いを求め、何かに苦しみ続けていたのかもしれない。月日は流れ、三密瑜伽に出会った。とても衝撃的であった。深遠なる仏の教え、究竟の奥義に深く深く歓喜し、人生の中で最も心がゆったりと感じられた瞬間でもあった。今でもそのことをよく覚えている。私達の内にはとても素晴らしい力が秘められている。それは、運命を大きく切り開く...

時に誰もが道に迷う。まるで、出口の見えない長いトンネルに迷い込んだように。次から次へ、不安が襲いかかってくる。しかし、だからといって解決の手だてがすぐには思い浮かばない。時間だけがいたずらに過ぎ去っていく。このまま手つかずにしていて大丈夫なのだろうか。今、やらないとさらに悪いことが起こるかもしれない。今きちんとしておかないと、もしかしたらもっと悪い状況になってしまうかも……そして、何もできないまま...

■ タイトル:不動明王のお告げ 2020年03月14日(土) 06時31分45秒  テーマ:光啓 随想録 / 公式ハッシュタグランキング:高野山6位------------------------------昨夜は御本尊のお不動様が夢の中に出てこられた。先日、あることがあって、深夜にもかかわらず不動様の真言を唱えした。そのことと何か関係があるのだろうか…、深夜に突然の金縛り、不動明王真言を一心に…...

トップへ戻る